« ワンコと軽井沢へ | トップページ | ファル活き返る! »

2014年9月15日 (月)

まったり星野リゾート

布団で一緒に寝てファルはご満悦でしたが、寝相が悪いので何度も目が覚めました。gawk

Karuizawa13



宿の200坪の芝庭は老ワンコの脚に優しく、散歩に丁度良い広さ。

涼しいのも相まって、いつもより足取りも軽い様子。

Karuizawa_048_3



その向こうに広がる自家農園。Karuizawa_096



朝食にも採れたて野菜が並びます。

Karuizawa_084







軽井沢と言えば〝星野リゾート〟の本陣。

広大な星野エリアは野鳥の森から星野温泉トンボの湯、ハルニレテラスまで繋ぐ川辺の遊歩道。

ウッドチップの小路に木洩れ日の下、川のせせらぎと鳥のさえずりを聞きながら散策。

Hosino



キノコの群生。

食べられるのなら採って帰りたいけど・・・不明?

Karuizawa16

湯川の清流に寄り添うように自生する100本を超えるハルニレ(春楡)の木立を生かしながら、

9棟のモダンな建物を広いウッドデッキでつないだ「小さな街」が、星野〝ハルニレテラス〟。Karuizawa_005



「軽井沢の日常」をコンセプトにした、15の個性的なショップ、レストランが、別荘ライフを豊かに彩ります。

フレンチインテリアのSeringa/セリンガ

Karuizawa_071



シェルアートが目を引く、マテリアルアート&クラフト Gallery 樹環 ju-KAN

Karuizawa_015



ヨーロッパ木工インテリアの 我蘭憧

Karuizawa_007



採れたて野菜の軽井沢マルシェ。

Karuizawa_008



レストラン&デリ・ワイン CERCLE

デリカテッセンのケースには美味しそうな洋惣菜が並びます。

Karuizawa_009



焼き立てキッシュ、美味しそう。

Karuizawa17




お土産に買いました。Karuizawa2014_034



ガラス越しにパン作りが観られる、ベーカリー&レストラン 沢村。

Karuizawa_026



ココナッツのサクサク感が香ばしいデニッシュとキャラメルカフェラテで一息。

Karuizawa_036





1915年(大正4年)に星野温泉が開湯のspaトンボの湯」。

Tonnbonoyu



北原白秋や与謝野晶子も浸かった温泉。

Tonnbonoyu1



「美肌の湯」と呼ばれる泉質は「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉」二つの泉質。

勿論、源泉かけ流し。Tonnbonoyu2_2

緑に囲まれた広々の露天風呂。





宿に戻り、晩御飯。

今宵のメニューは山盛りサラダから始まって
Karuizawa11


大根餅の中からトロ~リ、チーズ。

Karuizawa_020



鮎の塩焼きと米茄子。Karuizawa_046



山芋と舞茸の天婦羅。Karuizawa_047



アスパラの牛肉巻。
Karuizawa_022


デザートは梨なっしー。Karuizawa_044





十五夜の翌日は2014年で最後の「スーパームーン」

Karuizawa_075


今夜も22:00に就寝confidentsleepy

Karuizawa_082

つづく・・・

« ワンコと軽井沢へ | トップページ | ファル活き返る! »

ワンコ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やっと家計簿を書き終えてコメしに着ました

のんびりとしたゴン太の姿に、ただただ癒されます。

たびたび、lUANAさんの(ごめん、小文字に変換しないとよ)のブログに登場する星野リゾート。
こちらでは、あまり聞かない・・・ウチのような貧乏人には関係ないようなリゾート地を運営されているみたいですね。
ところが先日、国営放送の番組に「オリンピックを前に日本のおもてなし」という討論会で初めて経営者の方を見ました。
そして、由緒ある温泉?のお宿を経営されてるんでしょ?
と言うことは「お若い彼」は一代で築いたのではなく、後継者なのですね?

もっと・・・じいさん(笑)かと思ってたから、えーーーでした。
でも討論会で話している内容が、私には難しくて理解できませんでした。
哲学者みたいだったなぁ
経営者も「経営哲学」があるんだから、やっぱ哲学者なんだろう。

素敵な温泉に浸かってみたい~
あ。
もう、そろそろ車中泊に出かけたくてウズウズしてます。

車中泊してる人、キャンピングカーの人は「犬」連れの方が大変多いです!
まえ、ハッチバックの中型車から犬が二匹と大人二人が出てきたときは「どうやって寝ているの??」ってびっくりしました。

ゴン太がもっと元気ならlUANAさんにも勧めるんだけどなあdogrvcarspa

Luanaさん
も、も、もしかて・・・これ・・・この星野の記事
あてつけ・・・?(笑)ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

もう・・・これ見たら、やっぱり沖縄星野に行きたくなるじゃんか(-"-)

自家農園というから、ホテルの敷地内にあるこじんまりとした菜園かと思いきや
まあ、広大な立派な農園じゃないですかっ!!!
姫乃の猫の額サイズの菜園とは大違い
本格的なのね♪

ファルわんこ、のんびり、ゆったりリゾート満喫
満足そうで良かったわ♪

おさかなさん

観光業界の風雲児と呼ばれる現在の星野リゾート代表取締役社長は五代目。
慶應義塾大学経済学部を卒業後、アメリカのコーネル大学ホテル経営大学院修士課程後、日本航空開発、シティバンク等を経て就任。
国土交通省の観光カリスマ百選選定委員会から 「観光カリスマ」 として認定されました。

バブル期に贅を尽くしたものの衰退し経営困難になったホテルを星野ブランドに再生させ
大成功し注目を集めるようになりました。

Luana思うに成功のカギは・・・
徹底した経営哲学はその土地の風土をハード&ソフト面共に活かす。
環境破壊せず自然と共生しつつ、そこにしか無いリゾート感を演出する。
リゾート内で飽きさせないサービースで客は知らず知らず金が落とす仕組み。

キャンピングカーに泊った事はあるんです。
弟の趣味がアウトドア系やキャンプで、その類は徹底して持っているのですが、
どうも寝心地とか食事の支度が面倒くさいというか・・・。
旅に出たら上げ膳、据え膳で楽したい派なのです。coldsweats01

姫乃さん

星野リゾートで検索して訪問される方が多いのと姫乃さんの一助になればと・・・
北海道から沖縄まで展開する星野リゾートを是非一度経験してください!
本陣・軽井沢の星野リゾートには贅を尽くした星野の最高ブランド〝星のや〟があります。
広大な水辺の庭園を囲み独立した客室はdogも泊れる棟が一室だけありますが常に満室。

宿のオーナーは農園が本業なのか?
たった4組だけの宿だけど手一杯と仰ってました。
朝晩の野菜尽くしのメニューは料理のバリエーションも富んで食べ飽きません。
この食事を頂く為だけに泊る価値があります。

朝晩はニットを羽織っても寒いくらいの軽井沢は、暑がりのdogには快適。
こんなにまだ歩けるんだ!ってくらい若返ったようです。happy01good

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1388353/57186199

この記事へのトラックバック一覧です: まったり星野リゾート:

« ワンコと軽井沢へ | トップページ | ファル活き返る! »