« イッペーマーサン楽園ヴァカンス | トップページ | マタハ―リヌ♪竹富島 »

2013年8月19日 (月)

竹富島はアコークロー

小浜島から019


竹富島までshipで20分。

002



港でピックアップしてもらい、やど家 たけのこへチェックイン。

Yadoyatakenoko

まだ築4年の新しい宿ですが、古民家の民宿かのように集落に溶け込んで良い風情。

プライベート重視で6組だけの島宿。



東端の028



静かな落ち着く部屋。

259



全和室。021

各部屋は縁側から庭に出られます。

空調もトイレも洗面所も風呂も個別で使いやすく、新しいので快適。



石垣に囲まれた広い芝生の庭。

一部屋ごとに物干し竿があり、洗濯機もフリーなので長期滞在にも便利。

045



ずーっと、隣家のワンコがガン見。

258

そんなに見つめないで。coldsweats01paper






カイジ浜
へ行きました。
253_2



有孔虫の死骸、星砂☆はなかなか見つかりません。

254



海の大蛇に食べられた子供の骨が流れ着いたのが星砂という民話があります。

256



ゆるーい時間を過ごしました。

252





宿では早やめの夕食がふるまわれます。

くわっちさびら!(いただきます)

石垣牛の陶板焼き017


海老の養殖が盛んです。

022



新鮮な刺身。006



ラフテー。027



天麩羅。029



麩チャンプルー030



イナムドゥチ。033



黒糖ゼリーのスィーツ009
くわっちーさびたん! (ごちそうさま)





食後、三々五々と人が集まる・・・西桟橋(国の有形文化財)へ。

264



特別な一瞬を共有する為に。

004



東には月。330




アコークロー
とはウチナーグチで夕暮れ時の事。

マジムン(魔物)が出没する時刻といわれている黄昏時を体感できるのは宿泊した者だけの特典。






notes竹富島で会いましょう/BEGIN

« イッペーマーサン楽園ヴァカンス | トップページ | マタハ―リヌ♪竹富島 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

沖縄 」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

珍しく「猫寝顔」
ワンコは出て来るけど猫は始めてみたような・・・きっとLuanaさんは嫌いなんだと思っていました。
きっと「いえいえ、そんな事は在りません、」と言われそう・・・・
そう、例の裸エプロンを当ててくれたので「お返し」に当てさせていただきます(爆)

今まで豪華一点張りだったので、こんな宿にも泊まるんだなって・・・
またまた、きっと「いえいえ、こんな宿が大好きです」と・・・・言われそう。


あーーーーー
先読みすると「脳みそ」が疲れます。駄目だ~
脳みそは少ししかないので考えるのをやめます。
武富島に居るような妄想をして島の風に吹かれましょう~


おさかなさん

「いえいえ、そんな事は在りません!」
dogの前はcatを飼っていました。

「いえいえ、こんな宿も大好きです!」
これでも竹富島ではマシな宿です。

「脳みそ」は使うほどに機能が向上します。

flair 例のブツを送りましたpresentdash
宜しく、お受け取りください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1388353/52600932

この記事へのトラックバック一覧です: 竹富島はアコークロー:

« イッペーマーサン楽園ヴァカンス | トップページ | マタハ―リヌ♪竹富島 »