« 台風一過☀ | トップページ | 今日は何の日?Vol.4 »

2012年6月23日 (土)

命どぅ宝

沖縄ネタでググって訪問下さる沢山の方々・・・ありがとうございます。<(_ _)>

第二の故郷と言いつつも、戦争を体験していないナイチャ―の自分が沖縄戦に触れるのはおこがましいのですが、一年に一度、今日という日だけお許しを。



本日は慰霊の日、沖縄限定の公休日です。

糸満市摩文仁の平和の礎に今年新たに追加された沖縄戦などの戦没者36人。

県内13人、県外23人。刻銘者総数は24万1167人。

先週は西原町で日本兵や軍属の少年のものとみられる遺骨7体が見つかりました。

西原町には琉球大学があり、最近もサークル棟脇の駐車場拡張工事の際に不発弾が見つかり避難命令が出ました。

67年を経た今もこういうニュースは茶飯事です。


沖縄が好きな皆さん、リゾートでも楽しい所でもありませんが、どうぞ沖縄を訪れる際には是非、悲惨な戦争の記憶を受け継ぐ島からの平和へのメッセージに耳を傾け、負の遺産にも目を向けてくださいね。


その中の一つ、


旧海軍司令部壕 http://kaigungou.ocvb.or.jp/top.html

1970年(昭和45年)3月1日、壕内の内の長さ300mの区域が復元され、旧海軍司令部壕として一般に公開されるようになりました。

Kaigungou3



壕内からは大田司令官をはじめとして800名以上の遺骨が収集されました。

1958年(昭和33年)には更に1500名以上の遺骨が収集され、沖縄海友会によって海軍慰霊之塔が建立されています。

Photo




大田司令官の電文

自決する前に打った電文が沖縄戦の悲惨を伝えています。

当時の訣別電報の常套句だった「天皇陛下万歳」「皇国ノ弥栄ヲ祈ル」などの言葉はなく、ひたすらに沖縄県民の敢闘の様子を訴えています。

この電文の内容は、慰霊碑の前(写真上の左手前)に仁愛の碑として残されています。

Kaigun_dennbunn

現代語訳

沖縄県民の実情に関して、権限上は県知事が報告すべき事項であるが、県はすでに通信手段を失っており、第32軍司令部もまたそのような余裕はないと思われる。

県知事から海軍司令部宛に依頼があったわけではないが、現状をこのまま見過ごすことはとてもできないので、知事に代わって緊急にお知らせ申し上げる。

沖縄本島に敵が攻撃を開始して以降、陸海軍は防衛戦に専念し、県民のことに関してはほとんど顧みることができなかった。

にも関わらず、私が知る限り、県民は青年・壮年が全員残らず防衛召集に進んで応募した。

残された老人・子供・女性は頼る者がなくなったため自分達だけで、しかも相次ぐ敵の砲爆撃に家屋と財産を全て焼かれてしまってただ着の身着のままで、軍の作戦の邪魔にならないような場所の狭い防空壕に避難し、辛うじて砲爆撃を避けつつも風雨に曝さらされながら窮乏した生活に甘んじ続けている。

しかも若い女性は率先して軍に身を捧げ、看護婦や炊事婦はもちろん、砲弾運び、挺身斬り込み隊にすら申し出る者までいる。

どうせ敵が来たら、老人子供は殺されるだろうし、女性は敵の領土に連れ去られて毒牙にかけられるのだろうからと、生きながらに離別を決意し、娘を軍営の門のところに捨てる親もある。

看護婦に至っては、軍の移動の際に衛生兵が置き去りにした頼れる者のない重傷者の看護を続けている。その様子は非常に真面目で、とても一時の感情に駆られただけとは思えない。

さらに、軍の作戦が大きく変わると、その夜の内に遥かに遠く離れた地域へ移転することを命じられ、輸送手段を持たない人達は文句も言わず雨の中を歩いて移動している。

つまるところ、陸海軍の部隊が沖縄に進駐して以来、終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要されたにもかかわらず、(一部に悪評が無いわけではないが、)ただひたすら日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつ、遂に‥‥(判読不能)与えることがないまま、沖縄島はこの戦闘の結末と運命を共にして草木の一本も残らないほどの焦土と化そうとしている。

食糧はもう6月一杯しかもたない状況である。

沖縄県民はこのように戦い抜いた。

県民に対し、後程、特別のご配慮を頂きたくお願いする。

大田の求めた“沖縄県民への後日の特別のご高配”は、日本が降伏したために叶わなかったのでしたが。

 

沖縄=基地問題でニュースを賑わせる日々ですが・・・、

沖縄=恒久平和を発信し続ける基地であるという事に触れて欲しいと願います。



命どぅ宝(ぬちどぅたから):命こそ最も尊く、これに勝る宝はない


notes命どぅ宝/ 東風平高根

« 台風一過☀ | トップページ | 今日は何の日?Vol.4 »

沖縄 」カテゴリの記事

コメント

Luanaさん、おっはよ~☁
ほんと、そうだね
日本で唯一地上戦となった沖縄・・・
その過酷で、悲しい歴史は今のリゾート沖縄のもう一つの顔
しっかりと見てほしい
姫乃も戦争博物館でしたっけ、あのおびただしい慰霊者の数
ひめゆりの塔を見ましたが・・・それは心が痛みました
友人と訪れたあとは二人とも、無言・・・
これは後世にしっかりと伝えていかねばならぬ日本の歴史です
一人でも多くの子供たちに見て欲しい気がします
のほほんとした平和かぶれの今だからこそ

姫乃さん

ありがと~confident
長崎の生まれ育ちなので原爆を通して平和を考える機会があったからか、
沖縄戦についても常に語り伝えるべき事と痛感しています。
そういう意味でも平和教育は大切だよねー!
沖縄県平和祈念公園やひめゆりの塔の各資料館は何回行っても胸がつまります。
戦争への怒りや犠牲になった命を思う時、涙そうそうcryingになって困った事もあります。
この記事をUpした直後の深夜にNHKアーカイブで沖縄戦について放送されました。
今日のタイトルに符合するかのように<命どぅ宝>は琉球時代からの言い伝えであり、沖縄戦を体験したからこその重みと共に、恒久平和を訴え続ける使命があると強調して終わりました。

リゾートホテルに泊まり美味しいモノを食べ観光しているだけでは沖縄の心は解りません。
お金を落してくれる観光客はお客様であるわけさ。
嫌な事も言わないし満足を提供するのみ。
Luanaは面立ちがオキナワン系なので、そうとは知らずに何度となく本音を聞いた。
ナイチャ―と分かってもブッチャケたら(厳しいなぁ)と思う辛辣な話も聞く。
沖縄を深く知り、沖縄の人達と触れ合う機会の中で思うのは、歴史や文化に触れて
光も影も知ればこそ更に愛おしさも増しますよ・・・と。
この事について語るとつい熱くなってしまう悪い癖です。bearing

旧海軍司令部壕、以前行きました。
内部の空気に体がきゅーっと締め付けられました。。。
その他にも数か所回りましたが、色々と考えさせられました。。。

小夏椿さん

ありがとうですconfident
そうですか・・・自決の手榴弾の端片が飛び散った壁とかね。
今日の沖縄全戦没者追悼式で野田総理が太田司令官の電文を引用してました。
沖縄に行く友達に旅行のアレンジを頼まれたりオススメを聞かれたりするのですが
戦跡はパスという人が多いですdespair
リゾートを楽しみたい、暗い気持ちになりたくないとか・・・。
実際、国内外問わず、そういう所に行くと体調を壊します。

幽霊が見える体質ではありませんが、頭が痛くなったりお腹がキュルキュルになったり大変wobbly
全く憂鬱な気分になりますが、それでも知って語り継ぐだけでなく、日本という国に住む
以上は生命尊厳の政治からブレない選択をしなければなので。
軍国主義に戻る事はなくても国防や戦後処理の予算や外交のスタンス等、口先ばかりの政権下では信用できません。

・・・又熱くなってきましたcoldsweats01
平和の碑に刻名されていない多くの従軍慰安婦の事は又の機会に。
慰霊の日が梅雨明けの平均日ですが、今日例年通り梅雨明け宣言です。
これからは30℃を上回る長~い夏の始まり・・・行かなくちゃ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1388353/45683313

この記事へのトラックバック一覧です: 命どぅ宝:

« 台風一過☀ | トップページ | 今日は何の日?Vol.4 »