« ワンコと温泉♪② | トップページ | 春眠暁を覚えず »

2012年3月26日 (月)

赤X白

匂いフェチなので香木を選んで植えています。

その中で春1番に咲き始める沈丁花。

漢名は瑞香(ずいこう)花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「永遠」。

祖母が大好きな花で彼女の庭にもありました。

その祖母が亡くなった命日も満開で・・・

香りは記憶を鮮明に呼び戻します。

1209_3

毎年この時期に戴く苺。

Sbca1842

お礼に宣伝しとこうflair

御家族が 静岡県掛川市で営なまれている<赤ずきんちゃんのおもしろ農園> 

 http://www.akazukin.jp/

カフェや小動物と触れ合えるエリアもあり。

シーズンによってメロン、スイカ、ブルーベリー、サツマイモ狩りも楽しめる所。

夜の営業はバンパイヤ・ナイト、いちご摘み料金は赤ずきんちゃんとのデート代となっています。w

5月末まで楽しめるようですよ。

練乳かけて潰し専用スプーンでトロトロ苺ミルクdelicious

紅ほっぺ、中まで真っ赤っか感動の甘さ~heart02

Sbca1846

                                              ・・・・・こんな感じでいいかな?

notesゆずだけどいちごw

« ワンコと温泉♪② | トップページ | 春眠暁を覚えず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

沈丁花、この時期になると
離れたところからでも、甘〜い香りに気づくよね〜
いい香りなんだな〜大好きです♡
あ〜それに、このイチゴ
潰して練乳と混ぜ混ぜ…たまりまっせ〜ん\(^o^)/
春大好き!!!
ところで…バンパイアナイトって何???
赤ワイン飲み放題???

姫乃さん

春は新年度のスタートという気分が高揚する季節です。
そして食欲の春(?)ですねぇpig
苺も含めフルーツ大好きなのでこの量も難なくぺロリです。
音楽と香りは記憶と結びついて、瞬時にタイムスリップする事がよくあります。
バンパイヤナイトは夜の苺狩り、暗闇でガブリ!赤い汁を滴らせ・・・だからかな?

なんか今時、見ないいちごスプーンを持ってるんだなぁ~(羨ましく思う)

バンバイヤナイト・・・吸血鬼?狼男か?狼男は・・・血を吸ったっけ?
バンパイヤと言えば水谷豊だっぺ!
赤頭巾ちゃんとデート・・・赤頭巾ちゃんは・・・もしや怪しい風営法に引っかかりそうな話??

こちらではあまり見ない品種かな。
あまおうとか、が多い。あと・・・ふくゆたか・・・あ、米だっけ??
やっぱ頭が廻らない。もう少しリハビリが(妄想中なので)掛かりそうです。

あ!追記!
香りの木は好きなんですけど(キンモクセイとか)
甘い香りの「くちなし」
何度か苗木を買いましたが花を見る前に黒い毛虫に食われて・・・諦めました(-_-;)

おさかなさん

おさかなさんは妄想の春ですねw
オオカミ男は満月の夜に変身して人を食べるんですよ。
最近の映画では「トワイライト」シリーズの吸血鬼がクールでしたね。
その恋敵がオオカミ男でした。
赤頭巾ちゃんは苺の帽子を被った農園のキャラクターです。
卑猥なサービスはしないと思います・・・coldsweats01
ふくゆたか?騎手みたいな名前w・・・福岡の苺なら、「とよのか」じゃないの?
「くちなし」はハワイではティアレと言って大好きな香りの花なので植えてみました!
が、1シーズンで枯らしてしまいました(ノ_≦。)

こんばんわんdog
沈丁花は家の庭にもあります。
ちょっと色が違うけど・・・
くちなしは、職場の庭に咲いています。
この木は、毛虫によくやられるんですがdown
職場のはなぜか元気で、毎年きっちり咲きます。

mikomikoさん

こんばんワンワンワンdog
薄紅色の沈丁花も綺麗ですね。
くちなしは日照不足のようでダメでしたdespair
やはり毛虫の好物なんですねflair
又植えたいと思っているのですが・・・orz
毛虫が大繁殖した年にお気に入りのフクシアを完食されました。
その後、立派な揚羽蝶が沢山ヒラヒラしてましたけどね。

アゲハチョウは・・・ウチのベランダの敵なんだ。
前にブログにも書いたけど、くちなし意外にも、山椒とかやられてる。
やられると・・・めげる。凹む・・・やる気がうせる(-_-;)

mikomikoさんのとこのくちなしは何故元気なんだろう??

おさかなさん

再び´ω`)ノドモ!
ははは・・・分かる分かるぅ、マジめげるよね。
その勢いと数からしてあっと言う間、気付いた時は丸坊主sad
揚羽蝶もキレイだけど、ブリブリにデカく孵化した姿を見ると、
そりゃ美味しかっただろーよ!とツッコミたくなります。
毛虫対策調べてからでないと再挑戦できませんね、うむ。。。

なんと!
ちょっと感激してコメしています。

私の祖母のお庭にも大きな沈丁花があり、
祖母からのいろんな楽しい小さな贈り物が詰まった小包にはいつも
ほんのりと沈丁花のにおいがしていたのです。

その頃私は北海道にいて、沈丁花は周りには植わっていなくて(寒い地方では育たない?)、
その香りはイコール大好きな祖母の香りでした。

結婚して本州に来て割とポピュラーな花木と知った今もやっぱり特別な香りです。
祖母が他界して2年、もう大好きな祖母はいないのですが
この季節になると懐かしく思い出すのです。
素敵な記事、ありがとうございますconfident

mimi さん

素敵な思い出をシェアできて嬉しいですconfident
沈丁花は北海道には無いのですね。
母方の祖母の家が近かった事もあり、おばぁちゃん子でした。
高校入試の合格を喜んでくれた1週間後に急逝しました。
その日も机に飾ってくれていたので思い出の花になりました。

この香りはLuanaを思い出すみたいな自分のシンボルフラワーと呼べる花を育てられたら良いなと思うのですが、トロピカル・フラワーは東京では難しいです。
やはり地植えできる大好きな香りの「くちなし」(ティアレ)をもう一度!punchcoldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1388353/44389188

この記事へのトラックバック一覧です: 赤X白:

« ワンコと温泉♪② | トップページ | 春眠暁を覚えず »