« 4000日目、おめでとう! | トップページ | 羽田発ハワイ »

2011年2月24日 (木)

ゴーストタウンのハワイ

こちらワイキキのメインストリート、カラカウア通りですが真昼に人っ子一人いません。

Dscf2111_3

信号は青ですが車も1台も走っていません。Dscf2112

昨年の2月、渡ハした時にチリで発生した地震の5時間後の様子です。

早朝の室内スピーカーからの繰り返す大音量で起こされ地震が起きたので外に出るな、津波が来るからビーチには絶対に行くな、TVをつけろというアナウンス。

TVではできるだけ高台への避難を呼びかけ、山道は大渋滞。

津波到達時刻1時間前に写真を撮ったのですが、この静まり返ったカラカウア通りにビビってホテルにダッシュで帰りました。アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

どのホテルもラナイには客がワイキキビーチを凝視して津波が来るのを息をのんで待ちました。

結果、被害もなく街に人が戻ったのは日没で、やっとオープンしたABCストアやレストランはお腹をすかせた人達で長蛇の列、大混乱なのでした。

NZの地震、語学学校「キングズ・エデュケーション」が入居するビル倒壊現場の捜索で、これまで計47人の遺体を発見したと発表。

この学校には琉球大学の生徒も留学しており一刻も早い救出を、未来に夢と希望を託し留学した将来ある若い命が1人でも多く助かりますようにと祈らずにはいられません。

« 4000日目、おめでとう! | トップページ | 羽田発ハワイ »

ハワイ」カテゴリの記事

コメント

Luanaさんハワイでそのような緊迫した体験されていたなんて、知りませんでした。
何ともなくて良かったですね。
私達は地球の上に暮らしているので、どれも皆他人事ではないです。
琉球大の被災者で検索してみたらご無事が確認されたようですね。
本当に良かった。
現地ではまだまだ懸命な救助が続いています。
注視されてた72時間は過ぎてしまっても
まだどこかに鼓動があると信じて、助けて欲しいです。
ところで、mixiで娘に御心配していただきありがとうございました。
私より早かったようです。

コメントありがとうございます。confident
救出を待ちわびるご家族、関係者の心情は如何ばかりかと思います。
関西の実家も阪神大震災で被災しましたので本当に人ごとではありません。
天災ばかりは、いつどんな形で遭遇するか分かりませんからね。
そんな中、足を切断され救助された19歳へのインタビュー内容が全くぶしつけでデリカシーのない酷いものでした。ヽ( )`ε´( )ノ
大好きなサッカーはできなくても希望もあるし、これからも色んな国に行ってみたい、僕は大丈夫です。と、その言葉にこちらが少し救われた思いです。

ご実家の経験もおありだったのですね。
私もあの足を切断された青年へのインタビューは不快でした。
他にも被災された方々の親御さんへのわかり切った事を執拗に聞くインタビューも。
どなたかのお父様が「抱きしめてあげたい」
とおっしゃってましたね。
親の気持ちはそれにつきます。
自分だったら全く冷静になんてなれないでしょう。
自分だったら半狂乱でがれきをかき分け探さないと気がすまないと思います。
天災は仕方の無い事とは言え、本当に辛い出来事ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1388353/39000701

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーストタウンのハワイ:

» 豪華客船ホワイトプリンセス号-ハワイ洋上の決戦 [iPad無料アプリならこの本(PDF電子書籍無料小説)弓月城太郎の『神秘体験』]
 ホテルでの朝、波のさざめきで目が覚めた。外は青い光の夜明け。僕はベッドから抜け出すと、白いレースのカーテン越しに海を見た。海はきのうとまったく表情を変えていなかった。でもどこか新鮮な感じがした。 顔を洗い、歯を磨いてから、まだベッドの中でぐずぐずしてい... [続きを読む]

« 4000日目、おめでとう! | トップページ | 羽田発ハワイ »