トップページ | 沖縄病 »

2010年9月26日 (日)

Justice(正義)

NHK教育で4月から12回にわたり放送されたハーバード大学の政治哲学の教授で教鞭をとるマイケル・サンデル教授の授業のテーマ。

大学の劇場を教室に、毎回1000人を超える学生がぎっしり埋まる超人気の授業。

ハーバード大学の授業が一般公開されるのは今回が初めてとあって見始めたら面白い。

サンデル教授が投げかける難問に学生のディベート力も試される。

私達が避けては通れない、しかし未だ正解を見いだせない難問の数々。

相反する意見から倫理的正当性を問われる中で最後まで答えは出ない、哲学は思索の連続だから。

学生達の思考を最大限に引き出し、知的探求心を駆り立て導く授業進行に引き込まれるのは、視聴者としても自身の価値観に自問自答するからだろう。

私ですら、はい!はい!とTVに向かって意見を言いたくなるほど知的好奇心をくすぐられ、久しぶりに前頭葉の前頭前野が活性してる感がした程。

興味深いのは彼の奥さん、ハーバード大学で教え始めた直後に結婚した妻の名前はキク・アダット、彼女の父親が米軍の歴史担当官で戦後日本に住み、彼女は沖縄で生まれ日本名のキクと付けたのだそう。

「オバマ大統領は広島・長崎への原爆投下に責任があるか」との問いには社会学者でもある妻の育った環境が与えた影響も気になり、教授の考えを聞いてみたいと思った。

そして私なら「Yes.」何故なら、過去歴代のクリントンでもブッシュでもなくオバマだから。

「核使用国のアメリカが核兵器のない世界の平和と安全保障を追求するという米国の約束を、明確に、かつ確信をもって表明する」としたプラハでの演説は特に被爆国の日本、長崎や広島には期待をもって受け入れられたとは思う。

が、「人類の運命は我々自身が作る。ここプラハで、よりよい未来を求めることで、我々の過去を称賛しよう。」否、称賛ではなく悔いて反省する事でスタートすると思うのです。

戦争を引き起こした理由、核を使用した理由が其々にあっても、その被害は甚大かつ現実においても今だ癒えない心身の傷に苦しむ被害者が縷々存在しているのだから。

原爆投下に直接の責任は無くともアメリカ大統領としては未来だけでなく過去も引き継いだわけで保障、賠償問題が絡むと国益にも影響するのは分かるけど謝罪は必要、日本も同じく。

本も購入。

Justice

今夜の放送は東京大学・安田講堂で開催された「ハーバード白熱教室 in Japan」でした。

次回は10月3日(日)、10月10日(日)教育午後6時~6時58分前篇、後編が放送されます。

真剣に正義(最善)を日々思索し決断行動しているのか、生徒、学生の知的能力を引き出せているか、政治家や教師は是非見てもらいたい。

トップページ | 沖縄病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さすがLuanaさんお勉強されてますm(_ _)m
恥ずかしながらこんな凄い番組あったの知りませんでした。
私もLuanaさんと同感です。
双方の反省、謝罪が有って初めて核兵器の無い平和な世界の作りの
協力ができると思います。
日本人もディベート力鍛えて行かねばなりませんね。
それって今つくづく自分にもとても当てはまる問題。
残る放送見なければ!

御無沙汰してすみません!
番組は御覧になれましたか?
恒久平和や倫理を幅広い年代が深く考える機会になりました。
琉大の後期哲倫の授業の教材にもなりました。
より良い未来を次世代に受け渡す為、日頃より真摯に考えたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1388353/36946092

この記事へのトラックバック一覧です: Justice(正義):

トップページ | 沖縄病 »